金銭トラブルに注意

交通事故に遭い、命に別状がなかったときに、まず考えなければならないのが金銭的な損失についてです。例えば自動車に乗ってて衝突事故を起こされた場合、自動車の修理にお金がかかりますし、自分も怪我をしているかもしれません。怪我が理由で仕事ができなくなるなど、今後の生活に悪影響が出る可能性もゼロではないので、被害者側としては、なるべく加害者に被害を補填してもらわなければなりません。こうした金銭トラブル解決のためにも、弁護士への相談は必ず行いましょう。

加害者側にしても、慰謝料の支払いは間違いなく大きな損失になります。そのためなるべく被害を抑えるために、保険会社にも協力してもらい、慰謝料は必要最低限の額しか支払わないようにします。被害者側はそうした加害者側の考えを考慮して、現時点でどれだけ慰謝料を増額できるか、弁護士に頼んで交渉してもらいましょう。事故の状況や被害者がこうむった被害などを考慮すれば、加害者側の要求が100%通ることはなくなるでしょう。

交通事故の金銭トラブルは、ごくまれに裁判に発展することがあります。とはいえ裁判を起こされると、多くの注目を集めるということで、そうなる前にどちらかが折れることになるのが大半です。特に加害者は弱い立場に立たされることが多いので、慰謝料の請求については、被害者のほうが有利なケースがほとんどです。慰謝料をもらった後の生活も考えて、弁護士にはできる限り多くの慰謝料を請求できるようがんばってもらってください。

第三者を加える

交通事故などのトラブルに巻き込まれたら、弁護士に相談するのが理想的といわれています。まずは警察に話をして、その後は事故の被害と加害者との話し合いになるでしょうが、その際当事者だけで話を進めようとすると、言い争いに発展することも珍しくありません。なるべく穏便に解決するためにも、弁護士のような第三者を置くことで、今後の交渉もスムーズに進めることが出来るでしょう。

交通事故の交渉における弁護士の仕事は、慰謝料をいくらに設定し、裁判を起こすかどうかを判断することにあります。被害者側が弁護士を雇う場合は、事故現場からこちらが有利な点を見つけ、保険会社が指定した慰謝料の増額を要求してもらうことになります。要求が通るかは現場の状況にもよりますが、基本的に被害者に対して加害者は不利な立場に立たされることが殆どなので、よほど被害者が問題行為を犯していない限りは、慰謝料の像がうを受け入れざるを得ないでしょう。
慰謝料の増額を防ぐためには、裁判を起こすことも不可能ではありませんが、この場合は事故を起こして懲役などの刑が科せられそうになったときに行われるなど、もっと重い罪に問われたときに行うことが多いです。大抵の事故は加害者側に非がある上、裁判を起こして事態を大きくするのを避けたいと考える方も少なくありません。

交通事故解決を目指し

多くの人が所有している自動車は、いつ事故を起こしても不思議はありません。ふとしたミスで交通事故を起こし、人を轢いてしまったときは、被害の内容やその後の対応によって、どれだけの損失が発生するか変わってきます。もし自分が加害者側に立ったとき、どのように行動すれば交通事故を穏便に解決できるのでしょうか。事故の直後に被害者に大きな怪我もないようなら、弁護士に相談して、今後どう行動するべきか判断してください。

交通事故を起こした際、大抵の方はパニックに陥りますが、まずは落ち着いて穏便にトラブルが解決するよう動きましょう。警察に連絡して事故が起きたことを知らせ、怪我をしているようなら救急も一緒に呼びましょう。必要なら応急処置を行い、事故原画の写真撮影などを行っておくと、今後の処理の資料として役立てることが出来ます。弁護士については今後の慰謝料の支払いについての相談を行うことになるので、警察などで一通りの手続きを行った後は、弁護士と今後について話し合ってください。

弁護士と一緒に保険会社にも連絡を入れるのを忘れないでください。大抵の方は自動車保険に加入していると思うので、保険による支払いが必要な額が請求された場合は、保険会社が各種手続きを代行してくれます。被害者の言い分によっては、慰謝料の増額を希望するかと思いますが、現場に残された情報から、こちらにとって有利な条件を見つけだし、可能な限り慰謝料の増額を避けながら、穏便な解決を目指してください。