第三者を加える

交通事故などのトラブルに巻き込まれたら、弁護士に相談するのが理想的といわれています。まずは警察に話をして、その後は事故の被害と加害者との話し合いになるでしょうが、その際当事者だけで話を進めようとすると、言い争いに発展することも珍しくありません。なるべく穏便に解決するためにも、弁護士のような第三者を置くことで、今後の交渉もスムーズに進めることが出来るでしょう。

交通事故の交渉における弁護士の仕事は、慰謝料をいくらに設定し、裁判を起こすかどうかを判断することにあります。被害者側が弁護士を雇う場合は、事故現場からこちらが有利な点を見つけ、保険会社が指定した慰謝料の増額を要求してもらうことになります。要求が通るかは現場の状況にもよりますが、基本的に被害者に対して加害者は不利な立場に立たされることが殆どなので、よほど被害者が問題行為を犯していない限りは、慰謝料の像がうを受け入れざるを得ないでしょう。
慰謝料の増額を防ぐためには、裁判を起こすことも不可能ではありませんが、この場合は事故を起こして懲役などの刑が科せられそうになったときに行われるなど、もっと重い罪に問われたときに行うことが多いです。大抵の事故は加害者側に非がある上、裁判を起こして事態を大きくするのを避けたいと考える方も少なくありません。