金銭トラブルに注意

交通事故に遭い、命に別状がなかったときに、まず考えなければならないのが金銭的な損失についてです。例えば自動車に乗ってて衝突事故を起こされた場合、自動車の修理にお金がかかりますし、自分も怪我をしているかもしれません。怪我が理由で仕事ができなくなるなど、今後の生活に悪影響が出る可能性もゼロではないので、被害者側としては、なるべく加害者に被害を補填してもらわなければなりません。こうした金銭トラブル解決のためにも、弁護士への相談は必ず行いましょう。

加害者側にしても、慰謝料の支払いは間違いなく大きな損失になります。そのためなるべく被害を抑えるために、保険会社にも協力してもらい、慰謝料は必要最低限の額しか支払わないようにします。被害者側はそうした加害者側の考えを考慮して、現時点でどれだけ慰謝料を増額できるか、弁護士に頼んで交渉してもらいましょう。事故の状況や被害者がこうむった被害などを考慮すれば、加害者側の要求が100%通ることはなくなるでしょう。

交通事故の金銭トラブルは、ごくまれに裁判に発展することがあります。とはいえ裁判を起こされると、多くの注目を集めるということで、そうなる前にどちらかが折れることになるのが大半です。特に加害者は弱い立場に立たされることが多いので、慰謝料の請求については、被害者のほうが有利なケースがほとんどです。慰謝料をもらった後の生活も考えて、弁護士にはできる限り多くの慰謝料を請求できるようがんばってもらってください。